2017年6月16日金曜日

6月


2Dアニメーションの補完技術の記事

ドワンゴ論文は知識不足で理解が出来なかったが、下記の様まとめられていた
>提案手法のアニメーション制作への応用については,原画を直接中割することは無理だと思われるため動画工程の省力化には寄与しそうにない.しかし,秒24枚以上のアニメーションを制作する場合やスローモーションを作る場合には役立つ可能性はある.

Blenderの新機能はflashと同様、パスの補完技術のように見える

『ルーのうた』作業画面、細かくシンボルを分けている
シェイプトウィーンに最適化しているのだろうか

関連:10月

0 件のコメント:

コメントを投稿